あいさつ

井村屋グループ株式会社 代表取締役会長

浅田 剛夫(左側)

井村屋グループ株式会社 代表取締役社長

中島 伸子(右側)

平素は井村屋グループ各社にご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

昨年より新型コロナウィルス感染症の問題が私たちの生活や経済活動に大きな影響を与えています。このような不確実な社会環境でこそ、井村屋グループが創業より掲げてきた「不易流行」「特色経営」の考えに基づき、変革意識をもって挑戦することが求められます。

本年度は2024年3月をゴールとする新・中期3カ年計画「Be Resilient 2023 ~新しい時代をしなやかに生きる~」をスタートいたしました。変革課題を「バランス経営」と定め、着実な売上拡大と生産性向上のバランスをとった経営を行うことで持続可能な「継栄(けいえい)」を目指すとともに、社会に「おやくだち」できることを常に考え、行動してまいります。

魅力ある新しい価値の提供、着実な成長とレジリエンスのある企業体質の構築、社会との共生を通じて、すべてのステークホルダーの皆さまから必要とされる企業グループとして評価いただけるよう、企業価値の向上に努めてまいります。

今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る