人材育成

期待を上回ることに努力する人を大切にし、定期的な研修を行い、個人の良さを活かせる環境づくりに取り組んでいます。

新人事・賃金制度

社会環境が大きく変化するなかで、企業における女性の活躍やダイバーシティへの社会的要請が強まるとともに、経営環境も厳しさを増してきました。 井村屋グループが永続的・継続的に発展し、お客さまの「おいしい!の笑顔をつくる」を実現していくためには、人材育成が最も重要だと考え、人事・賃金制度の改革に着手し、2015年4月より運用を開始しました。

制度改革の方向性とポイント

「One imuraya」のスローガンのもと、グループ会社共通の人事プラットフォームの構築を大きな柱に、社員の能力向上を図り、多様な働き方に柔軟に対応する「厳しさ」と「温かさ」を併せ持つ制度へ改革しました。

  1. 3つの職群コースを撤廃し、「役割区分」を軸とした制度へ
  2. 人事評価の明確化
  3. 360度評価の導入(管理職以上)
  4. ファミリーサポート手当の創設
  5. グループ内での人事交流促進

教育制度

多様な研修制度で、従業員一人ひとりの成長をサポートしています。

機能別研修

各人の能力を高めるために、業務内容や役職に応じて必要な機能別研修を受ける機会を提供しています。

2016年度実績

過去3年間研修実績

2014年度 2015年度 2016年度
各種研修受講者 426名 478名 656名
社内勉強会参加者 2,660名/39回 3,252名/31回 3,957名/28回
通信教育受講者 312名 597名 481名
社内勉強会:アイアイ塾

「自ら学び・成長する社内風土をつくりあげること」「知識・技術を伝承すること」「社内全体の教養レベルを引き上げること」を目的に、2009年より実施しています。業務外でも自社の歴史や商品について伝達の機会を設けることで、井村屋DNAの継承を図っています。

ページの先頭へ戻る