誰でも活躍できる職場環境づくり

ダイバーシティ時代において、多様な働き方に柔軟に対応し、「人材の人財化」を進めています。

女性の活躍できる職場環境づくり

井村屋グループでは、性別に関係なく、成長の機会を得ることができるよう、経営者による支援、会社の制度面の整備、期待に応える力の醸成の3方向から社員を後押しする仕組みづくりをしています。

■社員男女比(2018年度)

■管理職者数推移(過去5年)

 

社員の声

井村屋グループ株式会社
総務・人事部 課長代理 松田 瞳

育児時短勤務をしながら、引け目を感じることなく管理職として働かせてもらえることは、「女性活躍」を掲げ続けてくれている会社と、職場の理解やサポートがあってのことと、本当に感謝しています。管理職になると、チームの生産性や部下の育成・支援が重要な課題です。日々、自らの課題を感じながらも、人間的にもステップアップできるチャンスとして、取り組んでいます。

 

ダイバーシティへの推進

外国人採用、キャリア(中途)採用、定年退職者の再雇用、障がい者雇用など井村屋グループでは国籍・性別等に関係なく人材の採用を行っています。

キャリア人材の採用

ビジネス環境が激しく変化する中、新しいビジネスチャンスに対応するため、キャリア人材の採用にも力を入れています。 豊富な経験・知識・能力を持つキャリア人材が活躍できる職場づくりを行っています。

 

定年退職者の再雇用

定年退職後も従業員一人ひとりの働き方の選択肢を広げるため、就業を希望する社員を65歳まで継続雇用する「エルダー社員制度(再雇用制度)」を採用しています。 更に、上級管理者(部長職以上)の再雇用対象者のうち、高い貢献度が期待できる社員にはシニア社員とし、社員のやる気やモチベーションのアップを図っています。

 

女性活躍の推進

女性社員を対象としたキャリアアップ研修や産休・育休後にも復職しやすい制度の導入や職場環境づくりを行っています。

ページの先頭へ戻る