健康経営推進体制

1.スローガン

『元気、イキイキ、健幸企業!』

井村屋グループは、この言葉をキーワード(共通認識)とし、健康増進に取り組みます。

2.井村屋グループ健康経営宣言

“井村屋グループ企業理念『おいしい!の笑顔をつくる』”
井村屋グループは、この企業理念の実現の為、従業員の健康増進に取り組みます。全ての従業員が笑顔でイキイキと働く事が出来る「明日も行きたくなる健幸企業」を目指します。

3.健康経営の実施目的

  1. 従業員の健康が会社の成長(生産性向上・業績向上・サステナビリティ)の土台であり、従業員が自ら健康に対する意識を高めたり、行動を変えたりできる環境を作る。その結果、最高のパフォーマンスで仕事に取り組みます。
  2. 従業員の健康が会社の成長につながり、会社の成長が顧客満足や社会貢献につながると考え、健康経営に取り組みます。事業活動を通じてステークホルダーの皆様の健康に貢献して参ります。
  3. 企業理念「おいしい!の笑顔をつくる」を実現する為には、従業員が健康である必要があります。当社は健康経営に取り組み、ステークホルダーの皆様の幸せ(おいしい!の笑顔)に寄与します。

4.3つの活動方針

【1】明日も行きたくなる職場環境を作ります(職場環境の整備)

社会の変化に対応出来る多様性のある職場環境を構築します。ワークライフバランスを実現し、やりがいを持って業務に取り組み、より高い成果が発揮できる職場環境をつくります。

【2】従業員に寄り添った心のサポートを行います(心の健康増進)

従業員の心の健康を支援する体制を作ります。従業員に寄り添い、悩みをひとりで抱え込むことのないようサポートします。

【3】従業員が積極的に健康増進に取り組める体制を作ります(体の健康増進)

従業員の健康に対する意識を変え、従業員が自ら健康管理や病気の予防、早期改善に取り組める体制を作ります。

5.健康経営推進体制

6.アクションプラン

健康情報の発信

四半期に一回発行される社内報「井津美」に健康に関する情報を掲載していきます。社員の健康増進法の紹介や健康レシピの紹介、健康川柳の募集などを行っていく予定です。健康に関する情報を発信する事で、社員の健康意識向上を狙います。

メンタルヘルス教育の実施

①セルフケア対策

全従業員を対象にDVDを活用し、メンタルヘルス教育を行います。従業員一人ひとりが、「自分の健康は自分で守る」という考え方を理解し、必要な知識を身につけます。

②ラインケア対策

管理職を対象にメンタルヘルスの階層別教育を行います。部下の健康を管理する為の基礎知識を身に付けます。

がん予防・女性特有の健康課題・高齢労働者の健康課題に対する教育の実施

「がん予防」「女性特有の健康課題」「高齢労働者の健康課題」に関する社内セミナーを行います。社員がこれらの病気や健康に関する知識を持つことで、予防や早期発見、早期治癒につなげます。

メンター制度の強化

現在、新入社員を対象に実施しているメンター制度を更に充実していきます。社会人になり、不安の多い新入社員(メンティー)に対して、仕事上の直接の先輩でない社員(メンター)が相談相手になり、新入社員の不安や悩みを解消します。

二次検診受診率の向上

病気の早期発見や早期治癒を目的に二次検診受診率向上に取り組みます。

運動機会の提供

社員が健康になる為の運動機会を提供します。業務の中に取り入れられるような軽い運動から、社員の家族も参加できるスポーツイベントを実施して参ります。

予防接種率の向上

インフルエンザ予防接種を中心に各種予防接種の接種率を向上させます。自分自身だけでなく、周りの人にもうつさない意識を育みます。

卒煙支援

社員の健康増進を目的に卒煙支援を行います。喫煙状況の把握や卒煙セミナーの実施等、卒煙に向けた支援を行います。

ページの先頭へ戻る