アイアイ基金
「令和2年7月豪雨」への義援金寄付のお知らせ

井村屋グループ従業員が運営するアイアイ基金
「令和2年7
月豪雨」への義援金寄付のお知らせ

令和2年7月豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますと共に、被災された皆様に 心よりお見舞い申し上げます。


井村屋グループ株式会社(本社 三重県津市高茶屋七丁目1番1号 会長 浅田 剛夫)は、当グループ従業員が運営する寄付団体である「井村屋グループ アイアイ基金」を通じて、日本赤十字社三重県支部に対し、令和2年7月豪雨で被災された方々や被災地の支援活動にお役立ていただくために義援金を寄付いたしました。

義援金について

「アイアイ基金」を通じて、50万円を義援金として寄付をいたしました。
この義援金は、井村屋グループ従業員有志による募金及び井村屋グループ役員等の社外活動による報酬などを集め、原資としております。
「令和2年7月豪雨」で被災された各地の被災地や被災された方々の支援のため、日本赤十字社三重県支部を通じ、被災自治体が設置する義援金配分委員会に納められる予定です。

井村屋グループでは、犠牲になられた方々へのお悔やみを申し上げるとともに、被災地の一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

井村屋グループ アイアイ基金とは

アイアイ基金とは「井村屋グループ従業員が社外に設立し、運営する寄付団体」です。
従来から行っておりました会社としての寄付のみでなく、井村屋グループ従業員が有志で寄付を行い、
支援することで、社会的責任および社会貢献を果たすことを目的としています。
井村屋グループの理念である「おいしい!の笑顔をつくる」と同じように、アイアイ基金も寄付を通じ、
笑顔をつくることを目指して活動をしていきます。

アイアイ基金名称について

コーポレートマークである「アイアイマーク」に由来しています。このマークは、「i」を人に見立て、「母と子」の楽しいひとときを表現しており、人と人とのつながりを大切にする井村屋グループの姿勢を表しています。

活動内容

井村屋グループ従業員の募金や行った社外活動の報酬及び年1回実施している「お客様感謝デー」の収益の一部
などを原資として、大規模災害の被災地や支援を必要としている福祉施設などに寄付を行います。

基金概要

基金名 アイアイ基金
発足日 2020年4月1日(水)
活動内容 (1) 寄付活動
(2) 募金活動(井村屋グループ従業員に対し)

井村屋グループによる寄付について(2020年度実績)

●新型コロナウイルス関係での医療従事者への商品提供
2020年5月に新型コロナウイルス感染症への対応において、長期間 ご尽力いただいている医療従事者の皆様に感謝と敬意の気持ちを込め、 東海三県の赤十字医療施設に対し、当グループ商品を寄贈しました。
・寄贈商品「片手で食べられる小さなようかん」 7,800食
・寄贈先 名古屋第一赤十字病院、名古屋第二赤十字病院 岐阜赤十字病院、伊勢赤十字病院

報道関係各位からの問い合わせ先

井村屋グループ(株) 経営戦略部

担当:尾崎/向吉/木本

TEL:059-234-2146

mail:shacho_shitu@imuraya.co.jp

ページの先頭へ戻る