井村屋(株)高茶屋本社工場、松阪NEWようかん工場
FSSC 22000認証を取得しました。

井村屋グループ
~食の安全性、信頼性を高めるために~
井村屋(株)高茶屋本社工場、松阪NEWようかん工場 FSSC 22000認証を取得しました。

井村屋グループの事業会社である井村屋株式会社(本社 三重県津市高茶屋七丁目1番1号 社長 前山 健)は、アイスクリーム、肉まん・あんまんなど製造・販売する高茶屋本社工場において食品安全管理システムにおける国際認証規格FSSC 22000を取得しました。

<確実な運用を行い、今後も食の安全性、お客様の信頼性を高めていきます>
井村屋株式会社は、井村屋グループの事業会社の1つで、あずきバーをはじめ、肉まん・あんまんなどの製造・販売とアンナミラーズなど外食事業も行っています。昨今「食の安全性」は、特に注目されるテーマとなっており、お客様からの要求も高いものがあります。
その状況の中、当社においても「食の安全性」をさらに高めていく目的で、昨年2014年10月より食品安全管理システムにおける国際認証規格FSSC 22000認証の取得に向けて取り組みをスタートさせました。この度、高茶屋本社工場が2015年10月26日に登録が完了、またようかんなど製造する松阪NEWようかん工場においても2015年12月6日にて登録が完了しました。なお、FSSC22000の取得は、同事業会社で、調味料の製造・販売を行う井村屋シーズニング株式会社(豊橋)に続くものとなります。※2014年6月23日取得
この認証に満足することなく、確実な運用を行い、これからもさらなる食の安全性を追及し、お客様にご満足いただける食品の製造・販売を行っていきます。

 

※FSSC 22000とは
「Food Safety System Certification 22000」の頭文字の略で、「食品安全管理システム認証22000」と訳されます。食品安全マネジメントシステムの国際規格であるISO 22000を一歩進めて、食品の製造上のリスク管理をより具体的にしたものです。お客様に、より安全で安心の製品を食べていただくための管理方法で、食の安全を損なう外部からの要因の排除なども含まれます。

ページの先頭へ戻る