ジャパンプレゼンテーションへの参画

世界に向けて「おいしい!の笑顔をつくる」を発信
ブラジル リオの「JAPAN OMOTENASHI PAVILION」に和菓子をご提供
開催期間 6月12日(木)~7月13日(日)

井村屋グループ株式会社(本社:三重県津市高茶屋七丁目1番1号 社長 寺家正昭)は2014年6月12日から7月13日にかけてブラジル リオ・デ・ジャネイロで開催されるジャパンプレゼンテーション事業、「JAPAN OMOTENASHI PAVILION」に参画致します。「JAPAN OMOTENASHI PAVILION」は“クールジャパン”と呼ばれる日本が誇る文化や技術を紹介することを通じ、官民が連携して日本の魅力を世界に伝える「ジャパンプレゼンテーション事業」の一環として開催されます。つきましては下記にて概略をご説明申し上げます。

概要について

1.参画目的 官民が連携して、日本をアピールする初の事業(ジャパンプレゼンテーション事業)が、「日伯修好120周年」を来年2015年に控えたブラジルから始まります。井村屋グループにおいても、同事業の趣旨に賛同し、「和と自然の味を生かしたグローバル企業」を目指すため今回のプロジェクトに参画し、和菓子の魅力をお伝えすることで日本の食文化を世界にアピールする所存です。現地会場では日本から「ようかん」と、アメリカIMURAYA USA, INC.が製造する「大福」をご提供し、ご来場者にご賞味いただく予定です。
2.開催時期 2014年6月12日(木)~2014年7月13日(日) 休館日(8日間)除く
3.開館時間 12時30分~21時30分 (現地ブラジル時間)
4.実施会場 Parque da Bola Jockey Club(リオ・デ・ジャネイロ市内の競馬場)
敷地内にパビリオンを設置
5.来場予測 10,000人/日、会期中32万人
6.活動内容(1) IMURAYA USA, INC.の冷凍和菓子の提供
実施日:6月24日
商品:大福、抹茶大福、醤油大福
6.活動内容(2) ようかんの配布
実施日:開館期間中(開館24日間)
商品: ミニようかん各種 約4,800食
7.その他 IMURAYA USA, INC.について
2009年にカリフォルニア州アーバイン市に設立し、アイスクリームの受託生産とIMURAYAブランド商品(冷凍大福、和風アイスクリーム、業務用のあん等)の製造販売を行っています。また、日本からの井村屋商品の輸入・販売も行い、北米市場進出の拠点としても活動しています。今回、ブラジルに向けてIMURAYA USA, INC.の商品をご提案するということで、これを機にブラジル市場への展開の足掛かりにしていきたいと考えます。

報道関係各位からの問い合わせ先:
井村屋グループ(株) 経営戦略部
山根/尾崎/西方   TEL 059-234-2146

ページの先頭へ戻る