戻る

仕事紹介

生産 

  • 仕事紹介
  • 職場風景

※所属部署名及び仕事内容等は2015年インタビュー当時のものです。

"品質"と"効率"が最大のテーマ 人と人との繋がりを大切にして、よりよい商品づくりに力を注いでいます"品質"と"効率"が最大のテーマ 人と人との繋がりを大切にして、よりよい商品づくりに力を注いでいます

製造ラインの設計から導入、生産管理、出荷など、一連の作業に関わっています。工場でつくられた商品がお客様の手元へ届くまで品質を維持させるだけでなく、生産効率なども細かく分析し、会社の利益に繋げるために日々改善に取り組んでいます。

先輩社員が語る生産とは

2001年入社 井村屋株式会社 菓子・食品・デザート工場 品質保証担当 課長代理2001年入社 井村屋株式会社 菓子・食品・デザート工場 品質保証担当 課長代理

生産現場である工場の稼働に関わるのが大きな仕事

生産の仕事は、工場で商品が作られる工程のすべてに関わります。初めに考えることは、新しい商品を製造するためにはどのような設備・仕組みが必要かについてです。生産設備や仕組みの導入後も日々正しい方法で生産がなされているか、確認・改善を行い、規格に合致した商品を安定的に世に送り出すことに努めています。商品の生産は、会社の利益に関わる大きな部分ですから正確な管理が求められます。そのために、生産現場ではその日の出来高や生産状況を示す稼働表を活用します。稼働表にはどの時間帯にどんな商品がどのくらい作られていたかなどが細かく書き込まれ、その間のミスやトラブルも明記されます。例えば、商品ごとにロス率というものが設定されており、実際のロスがそれよりも少なければ、その分は会社の利益になります。反対にロスが多ければ、原材料費や人件費、光熱費など会社の損失が増えます。このように稼働表をもとに、日・週・月での生産状況を分析し、成績が良かった場合はどこが良かったのか、悪かった場合はどこに原因があるのかを突き止め、改善を行っていくことが大切な業務の1つになります。

効率と品質の2つの観点から、
より良い商品づくりを目指します

私たちの仕事のベースにあるのは"品質"です。ただし品質と生産効率は決して別々のものではなく、「効率は品質のバロメーター」とした一体のものと考えています。生産効率が良い時は不良品の少ない安定した良い商品ができますが、人のミスや機械の故障などで生産効率がダウンする時には品質トラブルが起こる確率も高くなります。そこで私たちは機械のメンテナンスや従業員の力量向上を図ることで、適切なものづくりができるように業務を進めます。その中でも、特に大切にしているのは"人と人との繋がり"に対する意識です。どの部署も同じですが、仕事というのは1人や2人でできるものではありません。特に生産業務は多くの人が介在して商品が出来上がっていくので、人と人との繋がりが強くないと良い商品はできません。ですから元気に挨拶するのはもちろんのこと、相手の目を見て話すことも心掛けています。不調を感じたら「元気ないね、どうしたの?」と思いやる気持ちなども重要です。また大所帯である工場では連絡事項を作業者全員に正しく・迅速に伝えるためにも普段から円滑なコミュニケーションを図ることが大切です。

苦労を乗り越え、ものづくりの喜びを感じるのが魅力!

生産の仕事の魅力は大量の商品が目の前で出来ていくことです。家庭では考えられないような大きな機械で大量の原料を使い、信じられないような数量の商品が目の前で出来上がっていく。それらの出来高や出荷量、またロスの割合など、自分の行った仕事が数字ではっきりと把握できることが生産の面白みだと思います。もちろん、良い結果を出すには解決しなければならない課題が山ほどありますが、それらを1つずつ解決していく中で、ものづくりの苦労や喜びを実感できることは大きなやり甲斐に繋がります。また工場では日々多くの商品を生産しているため、急な欠勤が発生すると生産がライン単位で止まってしまう場合があります。当たり前のことですが、生産の仕事を希望する方は勤勉で体力がある方が望ましいですね。また理科系で学んだ知識やものの考え方は仕事のベースになります。学生時代には目の前の課題にしっかりと取り組む癖をつけておいたほうが良いと思います。それができれば仕事で分からないことがあっても入社後の勉強でなんとでもなります。要は自分次第です。目の前の課題に妥協せず、とことん突き詰める姿勢が入社後の成長に繋がると思います。

  • カステラ焼成工程で途中経過をチェック。気温や湿度の違いでも出来上がりに差が出ます。
    様子を見ながら調整していきます。

  • カステラの包装ライン。焼き上がったカステラを切り分けて包装します。お客様の手元に届くまであと少し!

  • 機械の調子をチェック。こまめにチェックを行い、トラブルの前兆を見逃さず、調整します。
    気づき力が大事な現場です。

  • オペレーション作業。

  • 検品を経て包装されます。

ページの先頭へページの先頭へ