戻る

先輩社員紹介

管理(SCM) 

※所属部署名及び仕事内容等は2015年インタビュー当時のものです。

1998年入社 ISCMセンター SCMチーム 課長代理1998年入社 ISCMセンター SCMチーム 課長代理

Q&A

Q1入社の動機は?

「ほかほかの肉まん」の幸せな思い出。

就職活動前から人を幸せにできる「食」の仕事をしたいと考えていましたが、「食」に関連する企業の中でも井村屋を選んだのはひとつの思い出の商品がきっかけでした。その商品は、寒い日の学校帰りにいつも食べていた「ほかほかの肉まん」です。おいしいだけでなく、体も温まって元気をもらい、幸せな気分になったのを覚えています。このような思い出がある井村屋商品に仕事で関わることで、一人でも多くの方に、私と同じような幸せを感じてもらうことができたらと思いました。

Q2現在の仕事内容は?

迅速な商品提供のため、多くの部署と調整を行っています。

ISCMセンター*は、迅速な商品の提供を行うために、関係する全部門で商品情報を分析・共有・活用し、生産や在庫の調整を行っています。より短いリードタイムで、より細やかにお客様の要望に応えることで、お客様満足・経営力強化につなげることが私たちの役割です。お客様としっかりコミュニケーションをとりながら、開発部門・調達部門・生産部門・営業部門と協働し、日々の商品の出荷数確認と予測を含めた分析、その後の生産や適正な在庫を検討して調整をかけ、全国のお客様へ商品をお届けしています。

  • ISCMセンターは2014年9月に開設。全国のお客様から注文を受け、受注から納品まで商品や情報の流れを一元化しています。ISCMセンターのIは井村屋の頭文字で、当社の特色あるサプライチェーンマネジメンシステムを目指すことを意味しています。SCM(サプライチェーン・マネジメント)とは、受発注や在庫、販売、物流などの情報を共有し、原材料や部材、製品流通の全体最適を図る方法。
Q3やりがいを感じるときはどのようなときですか?

お客様の要望をかなえられたとき。

商品の出荷数は季節や天候、市場の状況などのよって変化します。その変化に対応するために、営業部門や受注チームなど関係部署からの情報などを分析して需要の予測をし、調達部門や生産部門と連携しながら在庫を適切な数量に調整して、お客様のご要望をかなえられたときにやりがいを感じます。

Q4この仕事に求められていることを教えてください。

人との縁を大事にすること。

「仕事の縁は人の縁、そして学びの縁」と教えていただいたことに感銘をうけて、仕事をする上で人との縁を大切にするように心掛けています。お客様はもちろんですが、パートナー企業、社内の上司や先輩、部下や後輩など、すべてが縁、そして学びの場だと思って関わりを大切にしています。

就活生へのメッセージ

ここで成長したい!と思える場を。

社会人になっても日々勉強し、常に成長していくこと=向上心が求められます。仕事は楽しさもありますが厳しいことも多いので、その厳しさを乗り越えるためには自身の成長が不可欠なのです。「成長のために努力できる」と自分が強く感じられる企業を志望することをお奨めします。
会社説明会やウェブサイトを活用し、多くの会社を知った上で、「この会社で成長し、活躍したい」と思える企業をぜひ見つけてみてください。「企業に尊敬できる先輩がいる」、「社風の素晴らしさを感じる」、「惚れ込んだ商品があって愛着がある」…そんなことが、基準の1つになってくると思います。そして、その熱意や想いをしっかり伝えることができれば、きっと目標の実現に大きく近づくことができますよ。

ページの先頭へページの先頭へ