戻る

先輩社員紹介

品質保証 

※所属部署名及び仕事内容等は2015年インタビュー当時のものです。

2001年入社 井村屋株式会社 品質保証部 お客様相談ルーム ルーム長2001年入社 井村屋株式会社 品質保証部 お客様相談ルーム ルーム長

Q&A

Q1入社の動機は?

人を笑顔にする商品と
それを生み出す人々に魅力を感じて。

はじまりは「食品に関わる仕事がしたい」という漠然とした気持ちでしたが、就職活動をしていく中で次第に「人を笑顔にできる食品を開発したい」と思うようになりました。長く働いていきたい気持ちがありましたので、一緒に働く方々の雰囲気というのは気になるところでしたが、説明会や面接を通して採用担当者の温かさが伝わってきました。そして、井村屋の商品は、知れば知るほど、「人を笑顔にする」というイメージにぴったりであり、この会社で商品に関わる仕事がしたいと思いました。

Q2現在の仕事内容は?

お客様からの生の声にお答えしています。

お客様から直接いただく電話やメールにお答えする仕事を担当しています。またお客様からいただいた声を、社内に伝えて商品の改善に活かしていくことも重要な仕事です。お客様からお叱りを受けることもありますが、お客様から生の声を直接聞くことができる現在の仕事は、たくさんの「おいしい」「ありがとう」を聞ける貴重な部署です。
お客様の食シーン、笑顔のシーンを感じられることによって、より井村屋商品が好きになり、多くの人に愛されているありがたさを感じられるようになりました。

Q3やりがいを感じるときはどのようなときですか?

お客様からいただく感謝の言葉。

自分の仕事によってお客様や社内の人に感謝されたときです。例えば、最初にお客様からご要望をうかがった際にはお答えするのが難しいと思われた事案でも、社内に投げ掛けた結果、対応できる方法が見出せることがあります。他部署の方が協力してくれることも嬉しいですし、何よりお客様から感謝していただけると「対応してよかったな」と思います。社内においても、コミュニケーションがうまく取れたことで仕事が回った時はやりがいを感じますし、逆にコミュニケーションがうまくいかない場合は落ち込みます。小さいことですが、人との関係がとても重要です。

Q4この仕事に求められていることを教えてください。

コミュニケーション力。

やはり一番はコミュニケーション力です。どんな仕事においても、様々な人とのコミュニケーションがとても重要だと感じます。私自身は、もともとコミュニケーションがそれほど得意ではありませんでしたが、コミュニケーションを取りたいという気持ちと経験を積むことによって、徐々に人とうまくやり取りができるようになってきました。
また、お客様相談業務では「表現力」というのも重要だと感じています。電話応対研修受講時に表現力の重要性を実感し、「もっと感情を込めた話し方をしよう」と意識すると、お客様の反応も変わってきました。
もちろん商品知識や一般知識も不可欠で、次々発売される新商品や社会事情についても把握していく必要があります。

就活生へのメッセージ

自分を見つめ直し、自分のことをもっと知ろう。

就職活動中は、「自分はどんな存在か」を見直すとても良い機会だと思います。自分を知ることで、将来を不安に思うこともあるかもしれません。しかし、社会に出るといろいろな人がいて、自分の悩みが小さかったと気づくこともありますし、周りの人を大事にする気持ちさえあれば、どんな場所でもやっていけると思います。
また、自分の得意なこと、学びたいこと、挑戦したいことを自分なりに持っていると、すぐには叶わなくても近づいていけると思います。どこの会社でも自ら行動することが重要ですが、就職活動はその第一歩としてよい練習になります。「先につながる」という気持ちで頑張ってください。

ページの先頭へページの先頭へ