戻る

井村屋グループについて

井村屋グループ株式会社 

経営戦略・海外展開 井村屋グループ株式会社 経営戦略・海外展開 井村屋グループ株式会社

会社紹介

井村屋グループ株式会社は、8つの事業会社へのサービス・サポート・サジェッション業務を中心に行います。具体的には、グループ経営戦略の立案、資産の維持管理、新規の投資活動など、グループ全体の企業価値を最大限に高め、シナジー効果を発揮させます。

社内の様子

こんな人材を求めています!

各事業会社に対する3S(サービス・サポート・サジェッション)が必要である為、専門性を高め、グループ全体を見て「主体的」で「スピーディー」に行動に移せる人を求めています。

井村屋チャレンジ!

『あずきをAZUKIに』

「海外事業売上高比率」10%へ

海外展示会への出展や輸出を通じて、日本の文化やあずきの良さとともに「IMURAYA」を世界へ発信。
海外売上比率10%を目標に、井村屋グループ株式会社と海外事業会社が協働で市場の開拓を行っています。

数字で見る 井村屋グループ株式会社

井村屋グループの人材

従業員
年齢比率(2016年度)

20代 XX% 30代 XX% 40代 XX% 50代 XX% 60代 XX% 20代 XX% 30代 XX% 40代 XX% 50代 XX% 60代 XX%

従業員
男女比率(2016年度)

男性 36% 女性 64% 男性 36% 女性 64%

子育て支援

育児休業

取得率・復職率 100% 取得率・復職率 100%
※女性正社員の対象者
2013年

内閣府特命担当大臣表彰(子育て家族支援部門)
「子ども若者育成・子育て支援功労者表彰」受賞

2015年

日本創生のための将来世代応援知事同盟
「最優秀子育て応援企業賞」受賞

2015年

内閣府特命担当大臣表彰(男女共同参画)
「女性が輝く先進企業表彰」受賞

食育

幼稚園に届けたあずきバーの数
11年間で11万本

幼稚園に届けたあずきバーの数

幼稚園に届けたあずきバーの数
あずきの生豆を届けた幼稚園
5年間で250園

あずきの生豆を届けた幼稚園

幼稚園に届けたあずきの生豆の数

環境保全への取り組み

国内の食品工場で
初の「バイオマス設備」を運転開始

BOXあずきバーのカーボンフットプリント活動(2012年まで)

CO2の「見える化」を実現

木質バイオマスボイラーの導入 エコロジカルはエコノミカル

『CO2排出量』年間 約4,900トン(2015年度)

『燃料コスト』年間 約1億1,200万円削減(2015年度)

お伊勢さん菓子博で排出されるCO2 3,655トン分をオフセット

井村屋「アズキキングの森」づくり宣言

この会社の仕事紹介

この会社の先輩紹介

ページの先頭へページの先頭へ