戻る

井村屋グループについて

井村屋フーズのBtoBの魅力 

※所属部署名及び仕事内容等は2017年インタビュー当時のものです。

仕事紹介 井村屋の顔としてあらゆる人とのコミュニケーションを大切にし、常に諦めず、自ら動いて市場に切り込んでいます。仕事紹介 井村屋の顔としてあらゆる人とのコミュニケーションを大切にし、常に諦めず、自ら動いて市場に切り込んでいます。

※ BtoB事業 企業を相手にして行う事業。(Business to Businessの略)
※ BtoC事業 一般の消費者向けにサービスや商品を提供する事業。(Business to Consumerの略)

ひとつの食品ができるまでに
たくさんの企業が関わっている

BtoBは企業間のビジネスを、BtoCは企業と消費者間でのビジネスを表します。食品業界のBtoBというと少しイメージしにくいかもしれませんが、実はひとつの商品が完成するまでにはたくさんのメーカーや商社が関わっています。
その中で、井村屋フーズは「味づくりのプロ」「味のクリエイター」として、“食品企業の味づくりをサポートすること”に特化しています。

井村屋フーズのビジネスは大きくわけて2つのスタイルがあり、1つは「食品企業の味づくりに役立つ素材を開発し、提案すること(調味料の開発・生産)」。そしてもう1つは「食品企業が求める味を忠実に再現し、もう一歩踏み込んで改善提案をすること(食品のOEM)」です。いずれもお客様の課題や問題を商品提案によって解決していくソリューションビジネスが軸。

調味料事業においては、以前、食卓向けの調味料を販売する企業の開発部門から「国産野菜を原料としたエキスパウダーを探している」という話がありました。井村屋フーズは、原材料からエキスを抽出し、それを乾燥させパウダーに加工できる技術と設備を有しており、既存商品として、天然素材を原材料としたエキスパウダーも商品化しています。この案件では、既存商品でお客さまのニーズにお応えしましたが、イチから素材を開発する場合もあります。

また「この素材はこんな使い方があります」とお客様が思いつかないような使い方を提案して、採用に至ることもあり、提案力によってお客様の課題をどう解決できるかがカギとなります。

トレンドやニーズを予測して
先を見据えた提案力が必須

食品加工事業においてはOEM生産が中心となります。OEM生産とは、お客様からいただいたレシピに基づいてお客様の規格にあった商品を忠実に受託製造すること。お客様の第2、第3の工場として、安全・安心な商品づくりに努めるだけでなく、「このエキスを加えるとコクが深まりますよ」など、新しい味わいやメニューの提案も欠かしません。

お客様の課題や問題が明確化している場合はそれに応える提案をすることができますが、例え、課題が表面化していなくても常に新しい提案や、当社の技術力を発信し続けることが大切。BtoCとは異なり、BtoBは様々な企業の提案の中から、優位性を考慮して選択されるため、採用まで時間がかかることもしばしば。今、この会社では課題となっていない事柄でも「他の会社では課題になるかもしれない」「商品開発が発展すれば課題が持ち上がるかもしれない」などと視野を広げ、先々を見据えながら提案することが重要です。

レシピ開発からパッケージまで
一貫生産で幅広い企業に関わっています

近年では、ODM生産の受注が増えています。受託製造のOEMに対し、ODMは「こんな味わいがほしい」というお客様の要望からスタートし、レシピ開発から試作、確認・承認、本生産までを行います。ブランドオーナーと一緒になって商品を創り上げていくことは味づくりのプロとして技術力が試されるところです。

井村屋フーズでは、パウダーから、レトルト、アイスクリーム、スパウチと商品群が幅広く、開発からパッケージまで一貫生産できるのが強み。最近では、食品メーカーに加え、健康食品メーカーや企画会社からの依頼が増えています。
例えば、「健康成分が十分に含まれている商品を、もっとおいしく食べられるようにするにはどうしたらいか」「サプリメントに代わって、食事でおいしく健康成分を摂取するにはどうしたらいいか」といった課題に私たちのノウハウが求められているのです。

これまでにタンパク質を配合したスパウチゼリー商品や健康成分を配合したカップケーキやパスタなどの商品化に貢献してきました。さらにトレーニングジムや美容関連の企画会社からも問い合わせがあり、カロリーや栄養、美容に特化した食品づくりを共に行う機会が増えています。

※OEM…Original Equipment Manufacturingの略。
お客様ブランドの商品をお客様の設計に基づき当社設備で商品を作ること。

※ODM…Original Design Manufacturingの略。
お客様ブランドの商品を受託者である当社が設計から商品開発・生産まで行い商品を作ること。

井村屋フーズが求める人物像

井村屋フーズのBtoBは、自分の技術やアイディアを試すことができる無限の可能性を秘めたステージです。よく「BtoBは縁の下の力持ち」と表現されることが多いですが、井村屋フーズではむしろ大舞台での主役を任せるような気持ちでBtoBに期待を寄せてます。

まだこの世にない新しい商品、よりクオリティの高い商品を作り上げたいと思う向上心はもちろんのこと、広い視野を持った多様性や柔軟性を兼ね備え、自分の可能性を信じられる人にぜひ入社してほしいと考えています。
高い目標を掲げ、時に自分に負荷をかけながら目標に向かうエネルギーのある人なら、井村屋フーズで大きく活躍できる〝伸びしろ〟は十分にあると思います。

就活生のみなさんへ

社会に出ると、学生時代とは異なる課題に直面し、大いに悩むこともあるでしょう。そんな時、自分を支えるのは「前向きな思考」です。どんなこともプラスにとらえて取り組めれば、課題が大きな成長のチャンスにつながります。就職活動中の大変なことも「プラスにとらえる思考」で乗り切って、社会人としての自信を高めてください。

BtoB事業の会社

BtoB事業が関わるチャレンジストーリー

  • OEM
ページの先頭へページの先頭へ