伝統商品・ようかんの復活1953(昭和28)年

井村屋の伝統・ようかんが復活したのは砂糖の統制が解かれた1951年である。ビタミンB1・B2、カルシウム入りのようかんを開発し、国の特殊栄養食品の指定を受け人気を博した。ラジオ番組の提供など宣伝に注力したのもこのころである。1958年に資本金を4,000万円に増資し、1959年に東京営業所を開設し従業員も640人に増加した。

ようかんようかん

ページの先頭へ戻る