井村二郎が事業を継承1933(昭和8)年

大正の初期のころに、景品がその場でもらえる「くじ付き甘納豆」を発売し、評判となり、また「箱入り甘納豆」は当時では画期的なアイデア商品であった。

創業35年を迎えた1931年ごろには戦前の最盛期を迎え、1933年12月に創業者・井村和蔵にかわり、長男の井村二郎が事業を引き継いだ。

井村二郎井村二郎

ページの先頭へ戻る