インスタント食品の開発1960(昭和35)年

「即席ぜんざい」の登場は、インスタント食品ブームが巻き起こった1960年。その前年に「粉末ジュース」を発売して、インスタント食品開発に自信をつけ、その後の「粉末しるこ」「即席ぜんざい」の開発につながった。即席ぜんざいは東京市場を起点に、全国的ヒットとなり<あずき=井村屋>のイメージを不動のものとした。1961年、井村屋は名古屋証券取引所第2部に上場した。

即席ぜんざい即席ぜんざい

ページの先頭へ戻る