あずきバーの発売1973(昭和48)年

1963年にアイス事業を開始した井村屋だったが、当時は和菓子屋として認知されており、アイス市場に対し後発であったため、苦戦を強いられた。 当時「あずきアイス」市場はまだ確立されていなかったが、「井村屋が得意とするぜんざいを固めて、アイスにできないか」との発想からあずきバーの商品開発が行われた。井村屋の得意とするぜんざいだったが、ぜんざいをアイスにすることは、それほど簡単ではなかった。棒アイスにする過程で、液体より重いあずきの粒がどうしても沈んでしまうなどの難題があった。水あめやコーンスターチの配分に工夫を重ねた末、1本に約100粒のあずきが均等に入った「あずきバー」を作ることに成功した。 あずきバーには、このあずきを均一に入れる技術だけでなく、味やコスト面においても他社の追随を許さない優れた特長があった。それは、他社はあんこを仕入れることが多いのに対して、井村屋は北海道産のあずきを仕入れてあんこに加工しているため、これにより、品質の良い、おいしい味とコスト競争力を高めることができた。その後も、時代やお客様の嗜好に合わせて改良を続けながら、井村屋を代表するロングセラー商品に成長していった。

あずきバーあずきバー

ページの先頭へ戻る