世界の飢餓問題を考える、井村屋はTABLE FOR TWOに取り組んでいます

井村屋グループ(本社 三重県津市高茶屋七丁目1番1号、会長 浅田 剛夫)は、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalの取り組みに賛同し、2017年12月1日より新たな社会貢献の一環としてTABLE FOR TWO (TFT)プログラムを導入しました。

 

 

TABLE FOR TWO (TFT)プログラムとは
対象となる定食や食品を購入すると1食につき20円の寄付金が、特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalを通じて開発途上国の子どもたちの学校給食になる取り組みです。TABLE FOR TWOメニューは、カロリーが控えめでバランスのよいヘルシーな食事ですので、開発途上国の飢餓問題と先進国の飽食問題に同時に取り組むことができます。

 

二人で一つのテーブルを分かち合う
井村屋グループでは本社の食堂「アイアイラウンジ」にて、定食、麺類、カレーなどのTABLE FOR TWOメニューを日替わりで提供しています。従業員がこのメニューを選ぶことで、健康に配慮した食事を食べながら、アフリカ・アジアに暮らす子どもたちも学校給食を食べることができます。TABLE FOR TWOの参加者と開発途上国のこどもとで、時間と時空を超えて一つのテーブルを分かち合うことで、グループミッションである「おいしい!の笑顔をつくる」を世界で実現してまいります。 

 

 

TABLE FOR TWO International 公式サイト
http://jp.tablefor2.org/

 
 

ページの先頭へ戻る