日本経営品質賞経営革新推進賞を受賞

井村屋株式会社は、公益財団法人日本生産性本部が設立した日本経営品質賞委員会が主催する日本経営品質賞にエントリーし、このたび2018年度経営革新推進賞を受賞いたしました。

 

日本経営品質賞は、付加価値生産性向上のため、社員能力および提供する顧客価値の強化を重視する組織能力を表彰する制度で、1996年より年1回選出されています。井村屋グループでは、本賞を顧客本位の組織運営、従業員のマインドを継続的に高めて生産性向上を実現させるための最適な方法論と位置づけ、2011年より取り組んでいます。2016年に井村屋株式会社が三重県経営品質賞知事賞をいただいたことを機に、さらなるスパイラルアップを目指し、エントリーいたしました。

 

今回の経営革新推進賞受賞では、競争激しい食品業界の中で、あずきにこだわった独自商品開発を実現する開発力強化への継続的な取り組み、SNSを駆使したプロモーション活動、商品カテゴリーNo.1を実現するための人財育成などを通じて、独自価値創造に向けた成果を上げつつあることを評価されています。

 

変化が激しく、決して予断を許さない厳しい経営環境が続いています。今回の受賞を励みに、社員一人ひとりがいつでもお客様のことを意識してイノベーションを発揮し、「おいしい!の笑顔をつくる」商品やサービスの提供を通じて、社会から必要とされる企業を目指してまいります。

 

 

※経営革新推進賞(2009年~)
日本経営品質賞アセスメント基準に基づく審査において、セルフアセスメントを積極的に活用した経営革新の実践活動に継続的に取り組み、顧客価値創造の方法と成果が、総合評価で優秀なレベルに達していると認められた組織を表彰しています。

 

ページの先頭へ戻る