IMURAYA CSR REPORT 2015
10/32

CSRIMURAYA2014年度は「人材の人財化」に向けて、数年間行ってきたマーケティング研修などの間接部門在籍社員対象の研修だけでなく、生産部門在籍社員対象の研修も実施。また若手・中堅から役員まで幅広い年代に対して、教育機会を設けました。これらの研修に参加した社員が、実際に業務でどのように活かし、どのような成果につながったのか検証していくとともに、参加者の声を活かして研修内容・教育体系のブラッシュアップをしていきます。経営理念や経営目標を実現するため、人事の基本方針および求める人材像について、「井村屋グループ人事理念」として定めています。会社設立以来、「人こそ我が宝」を信条に「人材の人財化」を経営目標に掲げ、人事制度や教育研修、人事考課、行動規範等に反映させて実践しています。特に「人材の人財化」については、トップマネジメントからも具体的な社員像や期待される人材の姿が適時示されています。市場活動人間尊重環境保全社会調和との人間尊重従業員が自主性と能力を発揮できる職場を目指して。各種研修受講者若手セールス研修マーケティング研修ドラッカー塾A塾メンター育成研修現場リーダー育成研修職長研修役員研修ビジネスマナー電話応対スキルアップ研修知財勉強会社内勉強会参加者通信教育受講者2014年度機能別・階層別2013年度2012年度221名245名426名3,803名/56回3,253名/44回2,660名/39回314名297名312名井村屋グループ人事理念基本理念「厳しく」も「あたたかく」期待を上回ることに努力する人を大切にします。期待を上回ることに努力する人を大切にし、定期的な研修を行い、個人の良さを活かせる環境づくりに取り組んでいます。●教育制度(2014年度実績)成果と課題従業員一人ひとりの個性を尊重し、自主性と能力を十分に発揮できる職場環境を整備し、「明日も行きたくなる会社」を実現させます。今回は多様な人材の活躍の場を広げるために新たに運用を開始した新人事・賃金制度についてもレポートいたします。人事制度内通信教育自己啓発通信教育通信教育新入社員研修入社半年フォローアップ研修メンター制度2年目フォローアップ研修新人教育09

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です