逆転の発想!高カロリー豆腐

65歳以上の高齢者の約17%が低栄養傾向にあるといわれ※1、さらに在宅療養高齢者では約70%の方が低栄養傾向にあり※2、高齢者に対する栄養ケアの重要性が指摘されています。
高齢になると「食事の簡素化や食欲の低下→低栄養に陥る→筋肉量が落ちる→基礎代謝が低下→食事量が減る」という負のスパイラルに陥りやすく、その結果身体機能や免疫力が低下し、病気や介護が必要な状態につながりやすくなるので、そうなる前に「毎日の食事で予防する」ことが大切です。

 

65歳以上の高齢者における低栄養傾向者の割合

HicalG01

※1:厚生労働省(2015) 「平成25年国民健康・栄養調査報告」

 

65歳以上の高齢者のうち、在宅療養患者における栄養状態

HicalG02

※2:国民長寿栄養センター(2013) 「平成24年度老人保健健康増進等事業在宅療養患者の摂食状況・栄養状態の把握に関する調査研究報告書」

 

このような社会課題を背景に、「おいしい!の笑顔をつくる」のミッションのもと、食を通じて社会のお役に立てることを考え、長年井村屋で培ってきた豆腐づくりの技術を活かし、逆転の発想で豆腐に機能を付加した「高カロリー豆腐」を発売しました。

伊賀市立上野総合病院にて実施した食事介入試験では、高カロリー豆腐を通常の食事に加えて毎日摂取することで、摂取前と比較してQOL(Quality of life:生活の質)の向上が認められました。また、体重・筋肉量や血清アルブミン値も増加していることが確認されています。

また、よりおいしく高カロリー豆腐を召し上がっていただけるように、料理研究家かわごえ直子先生に監修をお願いし、「高カロリー豆腐のアレンジレシピ」を作成しています。

 

highcal7_btn2

 

井村屋ウェブショップはこちらから

ページの先頭へ戻る